気持ち良い秋晴れの10月13日(土)に第5回病院祭『ここ駒祭』を開催しました。新病院に
なって初の病院祭ということもあり、大勢の方にご来院いただきました。

オープニングの「駒ヶ根太鼓子供連」の力強い演奏で病院祭がスタート。地元出身のピアニストや東中学校の音楽部などが出演した「ここ駒音楽会」、回復者によるトークショーなどのイベントをはじめ、元気仙沼大島災害対策本部本部長の白幡雄児さんと諏訪湖畔病院の精神科部長の向山隆志さんを講師に迎え、「東日本大震災と心のケア」をテーマに、震災当時の医療活動についての講演会も開催しました。

アルコールのパッチテスト、病院食の試食、お茶席、気功、ハンドマッサージといった体験コーナーでは、多くのご来院者で賑わっていました。また、屋台や物品販売は午前中の内に完売するほどの人気ぶりでした。

会場には現在人気急上昇中のゆるきゃら、『まっくん』(南箕輪村)も登場。駒ヶ根市のヒーロー『スピード太郎』とライバルの『ヒッヒー』と共にここ駒祭を盛り上げてくれました。

ここ駒祭を開催するにあたり、多くの皆さまのご理解・ご協力をいただいたことで無事開催することができました。また、多くの方々にもお越しいただきまして心より感謝申し上げます。