作業療法(Occupational Therapy:OT)とは

作業療法は、遊びや趣味活動、運動や休息なども含めた、人の日常生活に関わる全ての諸活動の中で、治療に適した具体的作業活動を提供・促進し、その人らしい主体的な生活への支援を行うリハビリテーションです。

精神科のリハビリテーションでは、疾患により生きづらさ、生活のしづらさを抱えている方々に対して、今ある力を最大限発揮しながら新たなスキルも身に付けられるよう、症状や回復段階に応じたプログラムを患者さんと一緒に構築して実施し援助していきます。
作業療法(Occupational Therapy:OT)とは

 

当院の作業療法について

作業療法スタッフ

作業療法士 ※個人担当制・病棟担当制です。

作業療法の対象

当院に入院・通院治療中の方で、年齢・疾患問わず主治医から指示のあった方に対して実施しています。
「上手く人付き合いができるようになりたい」、「ペース配分やリラクゼーションを上手にしたい」、「集中力をつけたりスキルアップしたい」、「趣味・楽しみ・生きがいを見つけたい」など、様々な困りごとや希望を持つ方々を対象としています。相談の場としても利用できます。作業療法は原則として主治医に指示が必要です。希望される場合は主治医にご相談ください。

作業療法の内容

具体的な作業活動(軽い運動・手工芸・生活活動など)を利用し、症状の軽減・気分の安定・対人交流・作業遂行機能の改善をはかり、病気からの回復を促し、より良い生活が送れるよう支援をおこないます。
作業療法では、余暇時間の過ごし方の工夫や趣味(楽しめる時間)を見つけることなども大切な支援内容となります。
担当作業療法士と定期的なふり返りをしながら、患者さんと本人主体の生活の組み立てや生活ペースを模索し、現実可能な工夫や対処・導入プログラムを検討していきます。
今月の作業療法活動表

作業療法室で行うプログラムのほか、各病棟で行うプログラムがあります。

A1病棟(児童精神科病棟)症状や発達段階、興味・関心に応じた作業活動を取り入れ、総合的な発達の促進をしています。 A2病棟(依存症病棟)無理のない身体的プログラムや集団活動の中での対人交流を通して、自分自身の心身について、また他者との関係の取り方などを振り返り考えることなどを行っています。

B1病棟(救急・急性期病棟)多職種職員がチームを組み連携しながら、入院早期から回復段階に応じた作業活動をおこなっています。

B2病棟(総合治療病棟)身体的な活性やリラクゼーションを促進するストレッチ・気持ちを落ち着けたり、回想法やコミュニケーションスキルの練習の場となる音楽鑑賞サロン・感情などの内面の表現や集中力の向上にもつながる創作活動などを主に行っています。

BFユニット(医療観察法病棟)多職種職員がチームを組み連携しながら、安定した社会復帰に向けた様々な支援をおこないます。

作業療法は、患者さんにそっと寄り添い、耳を傾け”その人らしい生き方”を支援していくものでありたいと思っています。
BFユニット(医療観察法病棟)