前回紹介した川村美術館のホームページアドレスは以下の通りです。

http://kawamura-museum.dic.co.jp/

新病院になってもさらに改善したい所は満載です。「改築(改革)し続ける病院」でありたいです。しかし、入院患者さんから、昨年度は1億1千万円の赤字決算との新聞報道を読んで、同情の声をかけられました。病床数を大幅に削減した影響が何といっても大きい。収入と支出のバランス感覚は必要ですが、モデル的な試みの導入には苦労が伴うと理事会で発言しました。

各院長たちは、医師や看護師の確保対策にとても頭を痛めていました。管理職だけでなく、職員各自や、さらには地域社会で取り組まないと職員確保はできません。

当センターも新入職員が増えましたが―今後さらに増員が必要です―、互いのコミュニュケーションをよくとりましょう。家族関係でも同じですが、話さなくても分かったつもり伝えたつもりがリスクを生みます。トラブルが発生してから「聞いてません」とならないようにしたいものです。

現在も二期工事中であり、並行して電子カルテの議論も盛んです。入院医療に比べて、外来医療のあり方についての議論がたりないと感じます。他の病院だけでなくクリニックの意見を参考にする必要もあります。

少し古いですが、以下に窪田彰先生の意見が載っているので開いてみてください。

http://ds-pharma.jp/medical/gakujutsu/consonance/report/vol22.html