なでしこジャパンで、久しぶりに日本中が盛り上がっています。決勝は明け方の放送なので、日本中が寝不足になりそうです。

さてナデシコの花言葉は、「純愛」「大胆」「勇敢」、(濃赤)「野心」、(白)「器用」「才能」、(八重)「燃える愛」です。

緒方拳が最後に出演した「風のガーデン」(2008)では、発達障害と思われる青年が、ダイアンサス・ナッピーの花言葉を「しのぶ恋ほどばれやすい」と述べていました。中井貴一が医師を演じています。

彼はユニークな雰囲気を持った俳優です。「愛を乞うひと」(1998)では実直な台湾人役を演じ、「亡国のイージス」では不気味な軍事将校でした。彼は人間観察が趣味で、妻と外食している最中でも、気になり出すと止められず、「あの人と食べれば!」と、怒られるそうです。「十二人の怒れる男」(2009)の舞台の陪審員第八号役を観られなかったのは残念だった。俳優という仕事も苦労が多そうです。