留守の間にゴーヤーがすっかり育ちました。雨樋のない屋根からの雨にも負けず、天竜川からの風にも負けず、ベランダの照り返しの暑さにも負けず、ようやく3個の実がなりました。植えたのが遅かったため、これで良しとして、来年はまた精進します。

収穫した方が良いか、身がはじける姿を楽しんだ方が良いかと悩んでいます。はじけた姿も可愛いそうです。ゴーヤーの花言葉は「強壮」です。

駒ヶ根に帰ってみると、天候はウルグアイとほとんど変わらないので、驚きました。しかし、時差12時間なので、幾つか失敗をしてしまいました。時差ボケが元に戻るのにだいぶかかりそうです。

ちなみに、ウルグアイにはゴーヤーはありませんでした。スーパーでは目方で売るのでどれも野菜は大振りでした。しかし、人参は小さかった。ジャガイモは原産地なのでいろんな色や形のものがありました。根菜が多くて、葉物は少なかったです。ウルグアイの国民飲料はコカコーラですが、ブラジルではガラナ・ジュースのようでした。