ほぼ2年ぶりに香川県に出かけました。前回の目当てはイサム・ノグチ庭園美術館でしたが、今回も目的は残念ながらうどんではなくて、ベネッセアートサイト直島です。

 高松市に着いたのは夕方だったので、初日は丸亀町商店街をブラブラ歩きました。間口の狭い昔ながらの金物屋がありました。たくさんの商品が壁にかかり、奥までずっとつづいて見飽きません。そうかと思うと輸入品のブランドショップが軒を並べていて、年末バーゲンセール中でした。アーケードの屋根もなかなかモダンです。香川県は美術館などの建築に力を入れていますが、新旧が入り混じっているのがとても面白い。

昔ながらの金物屋

昔ながらの金物屋

モダンなアーケード

モダンなアーケード

 二日目は早起きをして雨の中をフェリーに乗って直島に向かいました。(時期外れなので、高速船がありません。)港に着くと、草間弥生のかぼちゃが出迎えてくれました。バスに乗って最初に行ったのが、安藤忠雄設計の地中美術館です。半地下の自然光の中で見るクロード・モネの晩年の「睡蓮」は圧巻でした。何時間もそこに居たい気分にさせられます。ジェームズ・タレルの空を切り取った作品は、あいにくの曇天で迫力がありませんでしたが、別の作品では青のスクリーンに入り込むという奇妙な体験をしました。ベネッセミュージアムの全体を観ることは出来なかったのですが、十分に非日常体験を味わいました。外国人の観光客も多かった。

草間弥生のかぼちゃ

草間弥生のかぼちゃ

 

 三日目は時間が足りなくて、豊島美術館には行けず、小豆島を訪ねてゆっくりしました。大きな風車が出迎えてくれました。昔はオリーブの固い実を削るのに使ったのでしょうか?それまでは瀬戸内の海の幸を楽しんでいたのですが、最後にはセルフうどんを食べて締めました。もっと長く休みを取ってベネッセハウスに泊まり、島巡りをするのが次回の夢です。長野県に住んでいると、ときどき海が恋しくなります。

 

小豆島の風車

小豆島の風車