看護部の基本理念

基本理念

  1. 私たちは、患者さんの人権をを尊重し、信頼される医療サービスを提供します。
  2. 私たちは、質の高い専門医療を提供します。
  3. 私たちは、明るく思いやりのある病院を目指します。

組織目標

精神科医療の公的中核病院として、県内の精神科医療を支え、専門医療を提供、地域医療の充実、研修・研究機能の充実を他職種チームで行う。

こころの医療センター駒ヶ根 看護理念

  1. 私たちは、患者さんの立場を尊重し、信頼される看護サービスを提供します。
  2. 私たちは、社会的視野を広め、質の高い専門性の追求に努めます。

看護部方針

  1. 患者さんの権利を擁護し、安心できる看護をめざします。
  2. 一人ひとりの患者さんへの理解を深め、個別性を重視した看護を提供します。
  3. より質の高い看護を提供するために、積極的に研修や研究に取り組み、専門職として必要な知識や技術の習得に努めます。
  4. 関係機関と連携をとりながら、地域で安心して生活できるようにチームで支援します。
  5. 急性期から回復期、リハビリテーションとその時期に応じた看護を提供します。

29年度看護目標

  1. 接遇に配慮し、患者さんの立場を尊重した看護実践に努める。
  2. 医療安全を推進し、安全で質の高い医療、看護を実践する。
  3. 専門医療としての機能に対応した看護実践能力の習得に向けた研修、研究を促進する。
  4. 電子カルテの更新に向けて、看護記録の在り方、看護方式等について研究する。
  5. 他職種との連携をさらに促進する。

教育体制(認定看護師)

日本精神看護技術協会・精神科認定看護師

専門領域

  • 精神科薬物療法看護
  • 薬物・アルコール看護
  • 児童・思春期精神看護

日本看護協会・認定看護師

  • 認知症看護
看護部長あいさつ
 平成28年度は、全国自治体病院協議会精神科特別部会総会及び研修会、60周年記念行事、そして日本小児心身医学会関東甲信越地方会の開催等、大きな事業に社員が一丸となって取り組みました。ご協力いただきました関係者の皆様に感謝を申し上げます。

 精神科医療が、長期入院治療中心から地域で支える医療へと変わり、患者さん自身が病気を理解し治療に主体的に取り組むことで、早期に退院して社会復帰を目指すことが可能になっています。地域でその人らしい生活を送ることができ、退院後も希望が持てるように、患者さんやご家族の意向を伺いながら、入院時から具体的な支援について、多職種で連携し様々な援助活動が行われています。

 患者さんの最も身近な存在として、看護師の果たす役割は大きく、関わりを大切にして、患者さんの病気に起因する社会生活での生きづらさや背景を深く理解し、個別性に配慮した対応に努めます。そのため、人が人を支えることの意味や喜びについて、看護を通じて学び、追求し続ける姿勢を大事にしたいと考えています。社会で生活していくためには、人と人との関わりの中から人生の豊かさや、癒しを感じられる体験があり、なによりも人として成長できることを実感できることが必要と考えています。

 ケアに携わる医療従事者も自身の中で生じている感情への対処の仕方に悩むことがあります。そのため、自身に対してもケアを施し、自律性とチームで協働する柔軟な姿勢を育むことにより、医療従事者の一人ひとりが、常に医療の向上を目指し、最善を尽くすことができる病院にしていきたいと思います。

副院長兼看護部長 中村 康子

外来

外来外来は一般精神科の他、アルコールや薬物依存症、児童精神科の専門外来を多職種職員が連携をとりながら行っています。
一人ひとりの患者さんに対し、きめ細やかな対応を心がけています。
患者さんと共に考え、寄り添うよう努力しています。
外来のご案内へ

外来師長からのメッセージ

患者さんとの心のふれあいを大切にし、安全と安心の医療提供と、きめ細やかな対応に心がけています。気になる症状、生活上の問題などご相談ください。

A1病棟(児童精神科病棟)

こころの問題を抱え、通院治療だけでは対応が難しい中学3年生以下を入院対象としています。
子どもたちは、精神療法、心理療法、作業療法、集団療法などの治療を受けながら院内学級に通います。病棟内での学習や行事を通じて、子どもたちの成長を手助けする役割を担っています。

A1病棟(児童精神科病棟)

主な病棟プログラム

精神療法

支持的精神療法、認知行動療法など、子どもの気持ちを受け止め、それを子どもの受け止め易い形で投げ返す作業を通じて症状の軽減と子どもの成長を促進します。

集団療法

大人が多い安全な集団で、子どもの対人関係の問題点をアセスメントし、集団力動を利用して治療を進めます。

心理療法

子どもの状態を把握するとともに、主訴の背景の理解、成長発達の糸口を探るために心理臨床アセスメントを行います。

作業療法

遊びや運動などを含めた児童の発達において中心となる生活行為を用いて、リハビリテーションを行います。具体性のある創作活動や身体的作業は言語のみに頼らない表現機能としても有効であり、集団プログラムにおける治療的介入の中で対人交流技能や社会性の獲得を促進します。

A1病棟の1日

6:30 起床

7:30 朝食

9:30 精神療法、院内学級、入浴等

12:00 昼食

13:00 精神療法、院内学級、作業療法、心理療法、入浴等

15:00 おやつ

15:30 グループ活動

18:00 夕食

18:30 自由時間

21:00 就寝

A1師長からのメッセージ

入院生活では看護師が生活支援を行い、1対1の関係を築きながら、少しずつ自分の気持ちを表出できるように働きかけています。

A2病棟(依存症・急性期病棟)

アルコール依存症、薬物依存症の専門病棟です。
入院期間はアルコール依存症の方は2~3ヶ月、薬物依存症の方は1ヶ月です。
プログラムではビデオ・テキストなどを使い、病気の理解、退院後に必要な知識を習得し、回復への基礎作りをします。

A2病棟(依存症・急性期病棟)

主な病棟プログラム

アルコール依存症治療プログラム

学習会

アルコール依存症について理解し、断酒に必要な知識をテキストに沿って学習し、身に付けていただきます。

抄読会

回復ノートの読みあわせを行い、テーマの内容と自分の経験を照らし合わせます。自分ひとりではなく、他の患者さんの経験や考えを聞くことで、様々な視点からの振り返りをします。

内省

テーマに沿って作文を書いて発表し、自分自身を振り返ります。

アルコマ回復のステップ

アルコールの無い新しい生活に向けて気持ちを整理し、飲酒欲求への具体的な対処法学びます。認知行動療法などの理論を応用した集団プログラムです。

自助グループ

地域で開催されている断酒会やAAに参加します。アルコール・薬物をやめ続けるための手法の一つとして自助グループがあります。同じ体験をしてきた仲間の話を聞き、退院後につなげられるよう学んでいきます。

作業療法プログラム(DRP)

体力測定やヨガなどのプログラムを重点的に取り入れ、作業活動を通じて、飲酒以外での時間の過ごし方のきっかけを作っていきます。

薬物依存症治療プログラム

KOMARPP(コマープ)

16回のセッションを多職種チームで分担し、週1回実施する認知行動療法の治療プログラムです。

薬物ミーティング

体験談を中心としたミーティングです。

A2病棟週間プログラム 治療の流れ

ながつき会(家族会)のご案内

ながつき会は次のことを目的として行っています。
アルコール依存症の知識を正しく見に付けて、関わり方を理解すること。
困っていることや悩んでいることを同じ立場の家族の方々と話し合い、問題解決の糸口を見つけること。

日  時 第1土曜日 10:00~12:00
第3日曜日 10:00~12:00
(変更する場合がありますので、下記相談窓口へお問い合わせください)
場  所 長野県立こころの医療センター駒ヶ根 作業療法室
対 象 者 現在、入院治療を受けられている方の家族
入院治療を終え、退院された方の家族
アルコールや薬物問題を抱えている家族
相談窓口 長野県立こころの医療センター駒ヶ根 ソーシャルワーカー
TEL.0265-83-3181(代)

A2師長からのメッセージ

医師、看護師を始め臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、管理栄養士など多職種スタッフが協働して治療プログラムに携わっています。
プログラムを通してアルコールや薬物を使わない生活を送る方法を一緒に考えて行きたいと思っています。

B1病棟(救急・急性期病棟)

救急・急性期病棟として、主に救急患者さんの受け入れを担っているのがB1病棟です。個々の患者さんの治療方針に合わせ、リハビリテーション・グループ活動を積極的に行い、早期に退院できるよう集中的に医療を提供しています。
また、m-ECT(修正型電気けいれん療法)やクロザピン治療等、治療効果の高い医療を提供しています。

B1病棟(救急・急性期病棟)

主な病棟プログラム

服薬ミーティング

患者さんが入院後に感じている事を話し合ったり、病気や処方される薬との上手な付き合い方等を学んだりすることで、退院後も安心して生活を送れるように支援します。

うつ病教室

病気や薬の必要性について学習し、退院後も安心して日常生活を送ることができるような支援を行っています。

病棟作業療法

集中力と休息のバランスや対人関係の築き方を作業を通して学んだり、ストレッチや音楽、習字などを行い、退院後の余暇活動にもつながるような活動をしています。

家族への支援

家族会の紹介や、担当看護師との面談をしています。患者さんのご家族が抱えている悩みや思いをお聞きし、不安や心配を少しでも軽減できるような支援をしています。

退院前訪問

退院後もスムーズに地域生活に戻れるよう、患者さんの外泊中に訪問看護師が病棟看護師と共に患者さんのご自宅を訪問し、退院後の生活の希望やご家族との顔合わせなどを行います。

B1師長からのメッセージ

早期に退院ができるよう、集中的に治療ができる環境をスタッフ一丸となって整えています。
2名の担当看護師を中心に他職種や地域との連携を取り、患者さんの退院後の生活がスムーズにいくよう、支援をしています。

B2病棟(総合治療病棟)

主として社会復帰に長期的な取り組みが必要な患者さんの受け入れを担っています。
患者さんと共に、多職種スタッフによるチームが回復に向けた治療や、退院準備を行い、退院後も安心して地域の生活に戻っていただけるようお手伝いしています。
また、医療観察法に基づくBFユニット(医療観察法ユニット)を併設しており、治療プログラムに沿って手厚い医療を提供しています。

B2病棟(総合治療病棟)

主な病棟プログラム

支援会議

患者さんやご家族と、多職種スタッフによる医療チーム、地域の保健師や障がい者総合支援センター職員等と共に、入院中から退院後の生活を視野に入れ、多面的な支援のあり方を検討します。

生活支援

退院後、患者さんが自身の生活リズムを整え、自立した生活ができるよう、必要とされる様々なスキルを身につけて行くための支援をします。

老人ホーム・救護施設・グループホーム・就労支援施設等の見学

患者さんが退院後、どのような生活を送りたいのか、その希望に合った施設への見学や宿泊体験などを通じて、地域生活へスムーズに移行できるように支援します。

病棟作業療法

身体的な活性やリラクゼーションを促進するストレッチ・気持ちを落ち着けたり、回想法やコミュニケーションスキルの練習の場となる音楽鑑賞サロン・感情などの内面の表現や集中力の向上にもつながる創作活動などを主に行っています。

B2師長からのメッセージ

患者さん、ご家族の想いに寄り添いながら、早期に退院ができるよう、患者さん個人個人に沿った治療ができる環境をスタッフ一丸となって整えています。
担当看護師を中心に他職種や地域支援者と連携を取り、患者さんが退院後の生活を安心して送れるよう支援をしています。