「歳のせいでぼけた」とよく言いますが、認知症は単なる物忘れや加齢現象ではありません。認知症は、なんらかの脳の障害(病気など)のために記憶や判断など認知機能が障害されて日常生活に支障を来した状態を指します。

認知症では物忘れ(記憶障害)がよくみられますが、記憶以外の症状、例えば、日付や場所がわからなかったり(見当識障害)、道具がうまく使えなかったり(失行)など様々な症状や生活障害がみられます。また、幻覚や妄想、うつといった精神症状や、意欲がなくなった、怒りっぽくなったなどの性格変化も症状の一部のこともあります。

認知症の原因疾患にはたくさんの種類があり、βアミロイド蛋白が脳内に蓄積するアルツハイマー型認知症、幻視や妄想やパーキンソン症状がみられるレビー小体型認知症,脳梗塞や脳出血に伴い起こる血管性認知症など様々な病気があり、経過も症状も様々です。

認知症は治療してもなおらないという誤解もいまだありますが、認知症の一部は適切な治療によって回復可能なこともあります。一番頻度の高いアルツハイマー型認知症ならば薬物療法によって進行を遅らせることができます。

認知症は早期診断、早期治療が有効です。だんだん物忘れが進んできたなと感じたら早めの受診をお勧めします。物忘れの自覚は本人には乏しいことが多いので、心配な場合にはご家族はかかりつけの先生に相談してください。必要に応じて物忘れ外来などの専門医療機関を紹介してもらうといいでしょう。

(精神科医師)